ヤミ金トラブル

危険な低金利をうたう業者

大金が必要になったときあなたならどうしますか?身内に無利息で借りるのが一番ですが、そんな身内が居ない場合、消費者金融などに頼るしかありません。

私も一度危うくヤミ金の罠にひっかかるところでした。

事の発端はお恥ずかしい話ですが、離婚のため慰謝料150万が必要になったからです。

もうヤミ金の嫌がらせの電話がしつこくて、警察にも相談しましたが、事件にならないと警察は動かないものです。

インターネットで、どこか金利の低い業者がないか探していると、年利1%の金融屋があり、ネットで申し込むと、直ぐに電話がかかってきました。

150万必要だと告げると、普通はいきなりそれだけの融資は難しいので、上司に相談すると言い、折り返し連絡するといわれ電話を待っていると、5分後位に電話がかかってきました。

上司に相談すると、OKがでたということで、私はほっとしました。

提携しているところがあるので、居住地の近くを紹介するとのことで、電話をやりとりしながら支持された場所に行くと、某有名消費者金融でした。

そういうシステムもあるのかと、今まで貸金を利用したことが無い私は支持されるまま、消費者金融で登録し、30万キャッシングしました。

続いて支持されたのも、某有名消費者金融でした。

同じように登録しまた30万キャッシング、続いて支持されたのも某有名消費者金融でまた30万キャッシング。

この時点でなんかおかしいぞと思った私は、次に支持された所では登録せず、次に同出てて来るか観察していました。

するとなにやらネットで私の居住地近くの消費者金融を調べている感じ。

そこではじめてだまされていると気づきました。

直ぐに今までキャッシングしたお金を返しに行き、ヤミ金に怒鳴り込みました。

一日中バトルになり、職場にも嫌がらせの電話。

しびれを切らし警察に相談しましたが、事件になっていないので取り合ってもらえませんでした。

ヤミ金の脅し文句は「金融トラブルに巻き込まれるぞ」でした。

1週間ほどすれば何事もなかったかのようになりましたが、ヤミ金相談は警察もあてになりませんね。

闇金の相談を弁護士といった法律の専門家等にすること

ヤミ金には取り立てが厳しい事や、法外な金利負担といったイメージがあり手を出さないことが普通です。

ヤミ金は一度借りてしまうと、返済をすることが難しくなりまた精神的にも追い込まれていくので、できればこうした金融業者には近づかないことが賢明になります。

ヤミ金業者と消費者金融には大きな違いがあると思います。

大手の消費者金融で融資を受ければ、特に問題なく返済していくこともできるようになります。

ヤミ金でお金を借りてしまったとき、このような債務の問題で悩んでいるときには一人で抱えることは避ける必要があります。

先ずは弁護士といった法律家の方に相談をしてみることだと思います。

こうした多重の債務に苦しむ方は、ヤミ金業者にお金を借りてしまうこともあるのだろうと思います。

債務に関する問題では、専門家の方に相談をしてみることが一番の方法だろうと感じます。

ヤミ金業者が営業できないように法律でしっかり規制することも必要になりますが、こうした被害者を出さないようにすることも大事なことになります。

このようにヤミ金相談をするには、弁護士のいる法律事務所等に行き相談をしてみることですが、無料で相談ができる所がほとんどです。

こうした債務問題やヤミ金相談を扱っている法律事務所等に行き、相談をすることが解決への一歩になります。

ヤミ金の問題は現在の経済状況が関係するなど根の深い問題ですが、こうした金融業者は利用しないよう普段から心掛けることが重要になると感じています。


クレジットカードの現金化ってどうなの?